「METESEシンポジウム」開催のご案内

English version is here

日本を筆頭とし、高齢化の波は全世界に広がりつつあります。福祉国家として知られる北欧・フィンランドも例外なくその影響を受けつつあり、各国が持続可能な介護サービスのあり方を模索しています。そのような状況の中、日本とフィンランドの研究者による介護サービスと支援技術に関する国際連携プロジェクト「METESEプロジェクト」を2015年に開始し、近年期待が高まっている介護支援技術(ICT、ロボット等)がどのように介護サービスや高齢者の生活の中で活用・展開されるべきか、様々な観点から調査・分析を行ってまいりました。

そこで今回、日本とフィンランドの高齢者介護サービスの現状から、これからの介護の形と支援技術のあり方、並びに国際展開の進め方について、介護サービス・支援技術に関する地域政策・サービス経営・技術研究開発の第一線で活躍されている方々と共に議論する国際シンポジウム「METESEシンポジウム」を開催いたします。介護サービス事業者・自治体の方・機器開発事業者・研究者・介護実務者他、本分野に関係する多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時: 2017年11月29日(水)13〜17時
場所: 国立研究開発法人産業技術総合研究所臨海副都心センター別館11階会議室
(東京都江東区青海2−4−7、ゆりかもめ・テレコムセンター駅より徒歩5分)
http://www.aist.go.jp/Portals/0/waterfront/images/access/wf_map201602.pdf

開催概要
・METESEプロジェクト研究報告
・日本・フィンランド両国の自治体、技術研究開発者等による講演
・日本・フィンランド両国の関係者を交えたパネルディスカッション
※講演中は日・英の同時通訳を行います

プログラム: 下記Webサイトをご覧下さい。
http://metese-blog.pj.aist.go.jp/index.php/metese-symposium-program-jp/

主催: METESEプロジェクト(国立研究開発法人産業技術総合研究所とVTT Technical Research Centre of Finland Ltdによる共同研究プロジェクト)、産業技術総合研究所人工知能研究センター
後援: 国立研究開発法人科学技術振興機構、サービス学会

参加費: 無料

定員: 100名(定員数を超えた場合はお申し込みを締め切ることがございます。)

METESEプロジェクトについて
METESEプロジェクトの正式名称は、科学技術振興機構(JST)・国際科学技術共同研究推進事業「日本-フィンランド共同研究」平成26年度採択課題「安全・安心・満足に資する高齢者支援技術 -高齢者と介護関係者をつなぐデジタルーヒューマンネットワークの構築」(英語名:Meaningful Technology for Seniors: Safety, Comfort and Joy (METESE) -Models of Digital and Human Networks)です。日本・フィンランドの研究組織はJST、フィンランド技術庁(Tekes)からそれぞれ支援を受け、研究活動を行っております。

お問い合わせ先 metese-symposium@aist.go.jpにメールにてお問い合わせください。